読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

直径1.5メートル

ひよっこエンジニアのちょっとしたメモ。主に備忘録。

利尻&稚内へ行ってきました - 2日目 利尻&稚内編

利尻&稚内旅メモの続編になります。
->利尻編はこちら

2日目は14時頃のフェリーで稚内へ渡る予定だったので、それまでの間に姫沼まで足を伸ばしました。
バス本数が少なく、時間が合わなかったので徒歩でフラフラと。
後から思えばフェリーのレンタルサイクル利用すれば良かったなと思いました…早く気付けよと…。

鴛泊のフェリーターミナルから姫沼までは4キロと少し。徒歩1時間ほどでした。
ところどころ、先の台風による土砂崩れの痕跡が残っていたりして、本当に台風来ていたんだなあと。
恐らく上の方にあった木が歩道の横まで滑り落ちていたり、土嚢が積まれていたり、歩道が泥だらけだったり。
台風の影響を気にしながら進むと姫沼への案内板があったので、案内の通りに右折。
山の方へ向かうのでずっと上り坂になります。上り坂の途中に展望台がありました。

▼姫沼展望台 f:id:mr_96:20160922215959j:plain

展望台を出てもう少し坂を登ると、やっと姫沼につきます。
▼姫沼 f:id:mr_96:20160924222734j:plain

姫沼からも利尻富士が見えます。
▼姫沼からの利尻富士 f:id:mr_96:20160924225128j:plain

姫沼は周回の道があったのですが、うっかり反時計回りに歩いてしまい途中団体客とすれ違う時に数分足止めになったりしました。
周回は時計回りのようです。気をつけます。
ここでも土砂崩れの影響か、大きめの木が根から横倒しになっていたりしました。

帰りは下り坂なので、行きと違って楽ですね…。
途中、海に寄って遊んだりしながらフェリーターミナルに戻り、しばし休憩タイム。

鴛泊-稚内間はフェリーで約1時間40分ほど。
ハートランドフェリーでは、2等室を指定する場合は予約不要のため、当日自動券売機にて購入するようです。
他のフェリーでは連絡先等を申込書に記入し、窓口で受付してから乗船券を発行していたので、「この簡単手続きで良いのだろか…」と不安になったものの、特に問題なく乗船できました。
時期によっては、フェリーからイルカを見ることもできるようですが…乗船後数分で寝てしまったため、今回はイルカの確認どころか景色もほとんど見ずにフェリータイム終了。

稚内に着いた時間がもう夕方だったので、この日は宿へ直行しました。