直径1.5メートル

ひよっこエンジニアのちょっとしたメモ。主に備忘録。たまに雑記。

蔵王きつね村へ行ってきました。

蔵王きつね村へ行ってきました。きつね好き、動物好きにはたまらない場所です。

東京から夜行バスで仙台まで行き、その後電車で仙台から白石へ。

サイトでも紹介されていた「きゃっするくん」で移動すること約1時間で到着です。

キツネ村入口

 

入場料1000円を払い、ついでにキツネのエサも購入していざ入場

入場にあたって、

・立ち止まっていると寄ってきたり、後ろをついてきたりすることがある

・物を落とすとそのまま持って行って埋められてしまうことがある

・カメラの紐やスカート・ズボンの裾を引っ張ることがある

などなど、いろいろと注意事項がありました。

 

入場直後、キツネを抱えていた飼育員の方に「触ってみなー」と言われて尻尾をもふもふしていました。

もう少し毛が硬いと思っていたのですが、そんなこともなく、ふわっふわのもっふもふでした。

この時点で幸せ。

中は、大きくわけて檻の中に入っている子たちがいるゾーンと、放し飼いになっているゾーン、うさぎやヤギがいるゾーンがありました。

ゆっくり檻の中にいる子を見回ってから放し飼いゾーンへ。

 

尻尾…!

きつね

エサ待ち顏たまらないですね。

エサ待ち

おしりずって寄ってきてくれた、なんかかわいい子

寄ってきた子

まじ天使。

天使

バトってました。

VS

はなこちゃん。白くてふわふわしてました。

はなこ

 

出身が北海道ということもあり、特に大学の周辺ではよく野生のキツネを見ていたのですが、人馴れしていることもあってか、きつね村の方がかわいい仕草を多く見られました。

野生のキツネにはよく吠えられたのも、良い思い出ですね…。

思った以上に癒されたので、また行きたいと思います。